<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

お茶の王様に学べ!!   

2008年 11月 25日
お茶といえばペットボトルのお茶やスーパーで安い玄米茶などを買って飲むくらいだ。
お茶屋さんの前を通った時の、あのお茶の匂いは子供の頃から大好きだったが、敷居が高い気がしてお茶屋さんでお茶を買うことはなかった。
玉露というものがお茶の世界で王様であることは、なんとなく感じていた。
お茶屋さんにいけばきっとお茶の王様である玉露が見つかるはずである。
しかもお茶を飲むことにより王様自身を自分自身の体内へいれることができる。
王様が僕の中に入ってくる!甘美な響きである。
早速愛する王様のもとへ向かった。

  70余年の歴史をもつ大谷園茶舗
e0148948_23113516.jpg
     光り輝く王の証 
e0148948_23155620.jpg

お店に入ると一目散に王の下へ向かい、ピンからキリまである玉露王の値踏みをした。
するとそこへ、お店の方がこられた。
玉露王のお話を聴いていると抹茶の話になった。
そうだ、抹茶というものがあったのだ。
玉露も抹茶も、茶摘みの2週間前に、お茶の木に「よしず」や「わら」で覆いをして栽培する。
抹茶はさらに若葉を丁寧に手摘みして蒸した後、揉まずに乾燥をさせて、葉脈や茎の部分を取り除す。そして石臼で挽いて粉末状し、そのままいただくのだ。
これだ!
王様をまるごと受け入れるこれ以上のものはない。

その場で王様級の茶を挽いていただいた
e0148948_23443215.jpg
茶せんだけは必要だということで購入した
e0148948_23504599.jpg


茶道とはまったく関係のない環境で育ったため抹茶を特別視していたが、お店の方がおっしゃるには、誰でも簡単に美味しく点てられるという。

初めて王様を家に招いた僕はそそうのないように、普段使っていないよそ行きの茶碗を用意し、儀式のようにお湯を沸かした。
抹茶の「抹」という字は粉にするの意。
「抹茶」とはまったくそのままの意味なのだが、いままで考えたこともなかった。
e0148948_02347.jpg


この王様抹茶20グラム1050円。ということは10グラム525円、ということは1グラム52円!!
1グラムでいくらかという計算なんかはニュースで聞く麻薬の末端価格くらいなものだったので、とても高価なものという気がした。しかも粉なのでとても危ない物のような気がした。

作り方は2グラムの粉をいれて少し冷ましたお湯を注ぎ、茶せんでかき混ぜる。それだけだ。
e0148948_0435429.jpg


うまい!なんかフワフワ飛んでいきそうなまろやかさ!!これは魔法の粉である。
こんなに簡単で美味しいのに、なぜ抹茶を飲む文化があまりないのだろう。
パフェとかアイス、ケーキにしたら高価でも買うのに、なぜ抹茶そのものを飲まなかったのだろう。

そう、王は偉大すぎるのだ。

そのままの姿だとみんなが恐縮してしまうため、普段は王様が姿を変えて世の中を見物にこられているのだ。
王様を招き入れた僕はなんとなく殿様気分であった。
e0148948_1102019.jpg

[PR]

by appareou | 2008-11-25 01:17

住まいの王様に学べ!!   

2008年 11月 17日
京都御所
言わずと知れた住まいの王様である。
桓武天皇が平安京を造営して、明治時代に入るまでの長い間、王として居続けた凄い場所である。
もともとは千本丸太町あたりにあった内裏だが、度重なる落雷や火災により今の場所へと移動した。陰陽道の風水地理説に則り、試行錯誤を重ねた歴史の集大成である。
まさに王。
京都御所は春と秋の年2回、一般公開される。
王に近づくまたとないチャンス。さっそく王について勉強だ。

園遊会には目もくれず。
e0148948_114772.jpg
紫式部クリアファイルも我慢した。
e0148948_1142430.jpg

この御所にも電線が走っていないが、もちろん平安時代にも夜の光は月明かりだけであった。
当時は夜になれば百鬼夜行といって鬼が行列をなして歩いていると信じ、病気や災いが起こるのは鬼や怨霊せいだと思われていた。
魔物の存在を信じる時代はもちろん魔力を信じる。陰陽師が活躍した時代である。
王の場所もしかり、完璧なまでに魔物対策をした。
京都は東西南北を守る四神(青龍、白虎、玄武、朱雀)に相応する土地なのだ。
東(青龍)に鴨川、西(白虎)に山陰、山陽道、北(玄武)に船岡山、南(朱雀)に巨椋池があり王が住むに相応しい場所だった。
そして鬼門と呼ばれる東北には比叡山延暦寺があった。
完璧だ。1000年以上住まいが続く訳である。
めったに見れない王の住まいを堪能した。
新御車寄
e0148948_1431414.jpg
御常御殿
e0148948_1442615.jpg

承明門から見た紫宸殿
e0148948_137432.jpg
紫宸殿では即位礼など重要な儀式が行われる
e0148948_1575735.jpg


本当に壮大で、まさしく住まいの王である。
この建物自体にも魔物対策をしている場所がある。
東北の鬼門の場所の壁に窪みを作り、より強固に御所を守っているのである。
東北は昔でいう丑寅の方角。
鬼とは牛(丑)の角をもち虎の衣をまとったものである。
鬼門は丑寅の怪獣が攻めてくる場所だったのだ。
これだ!
1000年も続く住まいを作るには立地条件だけでなく、建物自体にも工夫が必要なのだ。
魔物を防ぐL字の壁
e0148948_2124679.jpg
その壁の屋根の所には猿の彫り物があった
e0148948_2143890.jpg


この猿の彫り物は比叡山延暦寺の赤山禅院の猿と同様の猿だという。
猿は災いが「去る」との意もつながる。
王の守り神でもある猿様の彫り物をもう少しはっきりと拝見しようと、下の溝を飛び越えた瞬間だった。
警報が、御所中に、鳴り響いた。
そしてアナウンスが流れた。
「この建物は重要文化財です。建物に近づかないでください。」
そして皇宮警察の車がやってきた。

やってしまった。王に近づきたい気持ちがあまりにも強すぎた。
しかし身をもって知った。

王は今も昔も完璧に守られているのだ。

整備された御所、「御」は神の前にすすみ出てひざまずき、神を迎えるの意。
僕は皇宮警察官にひざまずいた。

e0148948_304995.jpg

[PR]

by appareou | 2008-11-17 03:23

餃子の王様に学べ!!   

2008年 11月 10日
餃子の王様
もちろん餃子の王将だ。「将」という文字、祭肉を供えて祭る人のことをいう。
肉というより油のイメージが強いが、餃子の王様ではなく餃子の王将のほうが俄然締まる!
名前を聞くだけでよだれが出てくるのは王の魔力なのか?
多くを語る必要はないし、正直行かなくても王様の凄さは充分認識しているのだが、やはり実地勉強が必要だ。ウキウキしながら王の下へ伺った。

おーう!王の風格ー!!e0148948_06662.jpg
みんな笑顔だ!!
e0148948_07537.jpg
王はもちろん大人気だ。餃子の王様にお会いできるのだから、待ち時間なんてあってないようなもの。受付場所は大賑わいだ。

店員さんたちが威勢よく王様言葉で話をしている。
「リャンガーコーテル、ソーハンイー」
常人なら分からないであろうこの王様語、王を目指し勉強を重ねた僕はすぐに分かった!
「餃子2人前と焼き飯1人前、注文いただきました!いつもご利用いただきありがとうございます。少々お待ちください。」
という意味だ。 近い!いま僕は王に限りなく近い!!

            王の食事を任された宮廷料理人の動きに無駄はない。
e0148948_075834.jpg

     僕は餃子と炒飯と鶏唐揚げのセットを注文した。正に王道メニュー。王様の食事だ。
                 すると5秒ほどで、餃子が出てきた。
e0148948_085776.jpg

これはどういうことか?早い。早すぎる。ちょっと心配になるくらいの早さだ。
もちろん、できたて熱々である。 王だ。 王の風格を認めざるを得ない。

餃子を3個目を食べようとしたくらいに、炒飯と唐揚げのお出ましだ。
e0148948_0313621.jpge0148948_0321155.jpg

お分かりであろうか。

王は早いのだ。

常人には読めない王様文字で書かれた伝票で会計を済ませると餃子倶楽部カードをいただいた。これで王族の仲間入りである。
王将に入ってから出るまでの時間は約10分。
靴の裏に付いた油のおかげでいつもよりも早く家に帰ることができたのは、王の気配りだろう。
e0148948_121434.jpg

[PR]

by appareou | 2008-11-10 01:10

稲荷の王様に学べ!!   

2008年 11月 03日
全国津々浦々に稲荷神社は存在するが、その総本宮である伏見稲荷大社はお稲荷さんの王様だ。
少し前まで伏見稲荷大社まで歩いて1分のところに住んでいたため馴染み深いが、実はすごい王なのだ。
さっそく王様に近づくために勉強だ。
毎月、その部屋には雅楽の音が聞こえてきていた。日本固有のあの音がすると、吸い寄せられるように伏見稲荷大社に赴いた。すると本殿で神楽女と呼ばれる巫女により神楽舞を観ることができた。
行くからには伏見稲荷大社の神聖な雰囲気を知ることはもちろんのこと、その上雅楽と神楽舞を堪能することで、王様により近づくことが出来るはずだ。

やはり今日も神楽舞が行われるようだ。e0148948_11543194.jpg
厳かな雰囲気。
e0148948_11553923.jpg


しかし、始まるまでに少し時間があるようなので、大社の中をぐるっと見学することにした。
「社」という文字は今は集団的秩序を持つものの意だが、そもそもは土、土地の神という意らしい。
山や川など自然の場所にはすべて神が存在する場所されていた時代、樹を植え「社」としたようだ。

鳥居も「通る」ことから意味がきている。
e0148948_12154186.jpg
有名な千本鳥居
e0148948_12163593.jpg

神の使いである狐
e0148948_12233986.jpg
狛犬と狛狐
e0148948_1227127.jpg



稲荷山にこの伏見稲荷大社はあるのだが、「稲荷」とは稲が生えるという意味からきて「いなり」になったそうだ。
昔の大富豪が道楽で餅を的に矢を放つとその餅が白鳥となって飛び去り、舞い降りたところに稲が生えたというなんとも美しい伝説がこの境内にはある。

そんな思いを胸に神楽舞の場所に戻った。


終、終わってるー!!
e0148948_12504078.jpg
仕舞もうてはるー!!
e0148948_12534073.jpg




しまったーー!!
王様への思いをはせるあまりビックイベントを見逃したー!

王は時間厳守なのだ。

さすが王様、朝から夜までみっちりスケジュールが決まっておられるのだ。
毎月のように行事は行われているので、王様に教わりにまた参拝しようと思う。
e0148948_1375854.jpg

[PR]

by appareou | 2008-11-03 13:17